2013年にオープンしたWheelers Yard。ローカルのカフェ情報に特集されていることが多かったので興味深々。入口は、ちょっとした倉庫にしか見えない、知る人ぞ知るカフェ。

 

 

そして、裏に回ると入口が。自転車も売っていて、まさに自転車屋さんとカフェのハイブリッド。天井は高く、倉庫の中を改装しただけあって広々している。

 

 

注文はセルフサービス形式。レジで頼んで、食事ができたら自分で取りに行くシステム。お店の中の内装もヒップ。テーブルの上に本物の自転車の飾りが!外にパラソルのついた席も用意されている。

 

 

メニューは、特にこれといった感じではなく、標準的なブランチメニュー。私たちは、サーモンサラダと、WHEELER’S YARD BIG BREAKFASTを注文。ついでに天気が良かったので、カクテルとビールも。お味は、残念ながら、普通でした。

 

 

シンガポールでは中々見つけずらい、開放感のある場所。是非おしゃれなブランチスポットのラインナップに加えてみてはいかがでしょうか。

 

http://wheelersyard.com/

https://www.facebook.com/wheelersyard/

 

アジアパシフィック・米国を中心とした海外商材開発が強みのライフスタイル商材専門ブティックファーム、マーサ・アンド・カンパニーへのお問い合わせはコチラからどうぞ!

コメントを残す