クライマックスは、マリーナベイサンズ前での打ち上げ打ち上げ花火

 

シンガポールの建国50周年を記念して「SG50」のイベントが開催された。シンガポールがマレーシアから独立したのが1965年8月9日。愛国心が非常に強いシンガポールなので、毎年建国記念日のお祝いは盛大に行われるが、今年は生誕50周年ということで「SG50」があちこちに掲げられ、予行演習もかなり気合が入ったものになっていた。本番前の1か月前から毎週土曜日に予行演習。

 

空軍による「50」のフォーメーション、パレード、シンガポール人も赤や白(シンガポールの国旗の色)の服を着てお祝い。そして、クライマックスは、マリーナベイサンズ前での花火。規模でいえば日本の花火を知る人には、少し物足りないかもしれないが、仕掛け花火、打ち上げ花火と赤と白に彩られた高層ビル群とのコントラストも中々他では見れない光景だなぁと。

 

 

生誕50周年のシンガポール。急成長してきただけに、移民、少子化等抱える問題も多々あり、次の50年でどんな変貌を遂げるか興味深い。

 

アジアパシフィック・米国を中心とした海外商材開発が強みのライフスタイル商材専門ブティックファーム、マーサ・アンド・カンパニーへのお問い合わせはコチラからどうぞ!

コメントを残す