チーズケーキと言えばここ、全米チェーンで185店舗を展開する「チーズケーキ・ファクトリー」

チーズケーキ・ファクトリー - Cheesecake Factory   アメリカでチーズケーキの美味しいレストランといえば、まず頭に浮かぶのがここ「チーズケーキ・ファクトリー」1978年ベバリーヒルズで創業後急成長し、ナズダックにも上場。海外にも展開している。     売りはその名の通り多種にわたるリッチなチーズケーキだが、ややアップスケールなレストラ...

ヴィンテージな店造りが旧市街の雰囲気と良く合う「グッドモーニングチェンマイカフェ」

グッドモーニングチェンマイカフェ - Good Morning Chiangmai Cafe   旧市街のラチャマンカ通り、ソイ6にあるホテル「グッドモーニングチェンマイ・トロピカルイン」に併設されているカフェレストラン、グッドモーニングチェンマイ。     旧市街の有名なお寺ワットプラシンからも割と近い場所で、日曜日に開かれるサンデーマーケットなんかにもすぐに行け...

チェンマイ旧市街散策の休憩にクラッシックな趣の「カフェ・ド・ターンオーン」

カフェ・ド・ターンオーン - Cafe de Thaan Aoan ターペー門からお堀側に入り、ワットプラシンを目指してまっすぐ進み、途中の交差点を左に入って行くと交差点の角に位置しているのが、ここカフェ・ド・ターンオーン。     腰くらいのレンガ塀に囲まれた小洒落たカフェ。外にも席があり、喫煙席となっています。周りの喧噪を眺めながらだが、道行く観光客を眺めているのも中々楽し...

緑に囲まれたチェンマイのおしゃれカフェ、コーヒー・ド・キャンドル

 コーヒー・ド・キャンドル - Coffee De Candle   最近のチェンマイはカフェが多く、カフェ好きにはたまらない街かもしれません。友達とカフェでおしゃべりしたり、一人でのんびり過ごしたりと人それぞれの過ごし方があると思いますが、今回は食事も充実している、市内からはちょっと離れたコーヒー・ド・キャンドルを紹介いたします。   チェンマイからハンドン方面へ南へ車を走...
ここから一歩踏み入れると、ラブリーな世界が広がる

チェンマイ在住女子必見、見た目もラブリーなラブ・ミー・カフェ

ラブ・ミー・カフェ - Love Me Cafe   チェンマイから南下して行くと、ハンドンという地区があります。市内からは距離がけっこうあるので、ふらっと出かけるような場所でもなく、用事がないとあまり行く機会がないのですが、知り合いの女子大生から聞いた情報では、密かに若者にヒットしているというカフェがハンドンにあるということでしたので、行ってみることにしました。   お店の...

チェンマイ、ニマンヘミン通りのお勧めダイニングカフェ、ラスティックアンドブルーは朝食からディナーまで

たまたま通りかかったニマンヘミン通りのソイ7を少し入った右手にオシャレなお店を発見。ショーケースにはおいしそうなパンが並び、エージングがかったレンガ風の外観に、店内にはアンティーク風なペパーミントグリーンのテーブルと暖かみのあるウッドテーブルで店内の明るさもちょうど良く、とても落ち着ける空間。     店内には団体用の大きなテーブル1つに4人がけテーブルが3つ。カップル席...

チェンマイのお勧めカフェ「タイガーテッドカフェ」MAYAのすぐ隣の巨木とテラス席が目印

以前から気になっていたショッピングモールMAYAのすぐ脇にある小さなカフェ。MAYAのモダンな建物のすぐ隣にあるナチュラルテイストなその外観に、ちょっとした違和感を感じ、見かける度に気になっていたカフェである。   チェンマイのニマンヘミン通りの入り口、ショッピングモールMAYAのすぐ隣にあるタイガーテッドカフェ(Tiger Ted Cafe)は2階建てで木のぬくもりが感じられる可愛いカフェ。 ...

本物のフルーツを使った優しい味のスムージーが病み付きになるカフェ「プラムコーヒー&スムージー」

本日、向かったのは、チェンマイのターペー通りにあるカフェ、PLUM Coffee & Smoothiesです。本物のフルーツを使ったスムージーが飲めるオシャレなカフェです。場所はターペー通りの中間地点くらいでしょうか、通り沿いにあるWAT SAENFANGというお寺の2つ隣にあります。     入り口はオープンスペースになっており、奥はエアコンの効いたスペース。奥...

アイロンブリッジを眺めながらのディナーがいい感じ。ピン川添いのレストラン、アット・クアレック

チェンマイで、ちょっと有名なサパン・レック(小さな鉄橋)という小さい割に立派な鉄骨組みの一方通行の橋があります。一方通行の橋を渡りきったら、右折してすぐ左側にリンピンスーパーがあるのですが、右側にはアット・クアレック(At ขัวเหล็ก)というレストランがあります。   黄色の建物なので、すぐに分かると思います。割と新しくできたお店で外国人客もちらほら。店内はエアコンが効いて...

ラテアートも内装も可愛い、お堀沿いのベアーハグカフェ

さてチェンマイは猛暑に突入し、外を歩く時は日陰を探しながら歩く毎日。先日、バイクで市内を走っていたのですが、ヘルメットの中で額は汗だく状態。。我慢出来ずに帰宅途中に目についたカフェにて休憩。 入り口のクマさんが目についたのか、とりあえずキンキンのアイスコーヒーが飲みたくて飛び込んだのですが、オーダーしてからふと店内を見回すと、内装もヨーロピアンな雰囲気の家具などでまとめられており、奇麗で可愛らしくいい感じ。 ...

日本風のフランスパンやケーキが楽しめるベーカリーカフェ「パリ・バゲット」

パリ・バゲット - Paris Baguette   日本国内のフランスパンやケーキ類は本場パリのものを彷彿させるほど高品質と言っても過言ではないが、最近アメリカにも日本のベーカリーカフェチェーンのアンデルセンが進出。サンフランシスコ市内にも複数店舗展開しており、日本や(パリ)と同じ高品質で甘すぎないケーキ類やパンが楽しめるようになってきた。     こ...

セレブもお忍びでやってくるリッチモンド地区のデリ・カフェ「アンジェリーナ」

アンジェリーナ - Angelina   アウター・リッチモンド地区にある拙宅のすぐ近く、住宅街の一角にあるデリ兼カフェの「アンジェリーナ」。一見普通のお店だが、デリ(惣菜)やベーカリー類の評判が高く、いつも賑わっている。     惣菜コーナーには美味しそうな料理が並んでおり、量り売りで持ち帰りや、その場で楽しめる。またベーカリーバスケットには、多分市内...

バラエティーに富んだサラダやサンドの他、サンフランシスコでベストと呼ばれるエスプレッソ系のコーヒーで女性に人気の「ジェーン」

ファッショナブルなフィルモア街とセレブなノブヒル地区にあるカフェ「ジェーン - Jane」。すべてのエスプレッソ類はダブルショットで濃厚な味。ラテ系はフォームアートでアクセントを付けて出してくれる。   ラテとレーズンクッキー   ドリップコーヒーも作り置きはせず、注文を受けた後、一杯づづ丁寧に淹れてくれる。このお店で使っているミルクは米西部で初めてオーガニック認証を取...

人気上昇中の冷水抽出コーヒーだけでなく、淹れたてのコーヒーや軽食も楽しめる「マザリンコーヒー」

マザリンコーヒー - Mazarine Coffee   ダウンタウン金融街のマーケット通りにある「マザリンコーヒー (Mazarine Coffee)」。ここは最近アメリカで人気上昇中の冷水抽出コーヒー (“Nitro Cold Brew”)が楽しめるお店。その名の通り、お湯を使わず冷水で時間をかけて抽出したコーヒーはコーヒー豆の香りと味を損なわず味わい深い。黒ビールを思わせる細かな泡も楽しめ、単...

自転車屋がカフェに?!ヒップなローカルカフェ「Wheelers Yard」

2013年にオープンしたWheelers Yard。ローカルのカフェ情報に特集されていることが多かったので興味深々。入口は、ちょっとした倉庫にしか見えない、知る人ぞ知るカフェ。     そして、裏に回ると入口が。自転車も売っていて、まさに自転車屋さんとカフェのハイブリッド。天井は高く、倉庫の中を改装しただけあって広々している。    ...

女子大生も芝生で寝転ぶ、チェンマイのうっとりオシャレカフェ「KLERM COFFEE」

チェンマイのピン川沿い、ラティンランナホテルのすぐ脇にできた「KLERM COFFEE」は昨年の12月にオープンしたばかり。KLERMはタイ語で「เคลิ้ม」、日本語では「うっとり」の意味。つまり「うっとりするようなコーヒーショップ」である。経営するのはコーヒーショップに隣接する建築デザイン事務所を運営するスパーニーさん。     事務所を新築する際に、自分や従業員みん...

「レターマン・デジタル・アート・センター」のスターバックスで風景を楽しむのも良し、スターウォーズに思いを寄せるのも良し

「レターマン・デジタル・アート・センター (Letterman Digital Art Center)」   サンフランシスコ北西部の「プレシディオ (Presidio)」 地区は以前にもご紹介したが、もともと軍の基地を払い下げられたもので、サンフランシスコ市内とは思えないような、ゆったりとしたスペースと緑が確保されている。     この地区の一角にある...

アートギャラリーも併設した、チェンマイのオシャレカフェ「Woo – Cafe. Art Gallery」

カフェ&ライフスタイルショップ   チェンマイのピン川沿いにある「Woo - Cafe. Art Gallery」は敷地内に鉢植えなどたくさんの緑に囲まれ涼しげ。照明やインテリア、そして内装も凝っている。エアコン付きの室内席、外にはテラス席やガーデン風のソファー席、様々なテーブルが用意されており、筆者が訪れたときはほ西洋人の客が多く、外国人にも人気のスポットのようである。エアコンの効いた室内は20人...
ステキな外観

プロムナーダのWAWEE COFFEE(ワーウィーコーヒー)はちょっとおしゃれ

前回、チェンマイのショッピングモール「プロムナーダ」に行った際につけ麺を食べた後、コーヒーでも飲んで一息つこうとぶらぶら。施設内には無数のコーヒーショップがあったのだが、チェンマイでは有名なWawee Coffeeの店舗の外観がステキだったので、Wawee Coffeeへ寄ることに。     Wawee Coffee(ワーウィーコーヒー)は2002年頃にチェンライのクライ...

隠れた名店?モカポットで淹れるこだわり極小カフェ「Mix Kaffee」は最低4分待ち

モカポットはうちだけ   マスターから、チェンマイではうちだけだと思います。と言われたのはモカポットを使った、そのコーヒーの淹れ方である。極小店舗のカウンターで笑顔を振りまき、お客さんとの会話を続けながらエスプレッソを淹れてくれたオーナーでありマスターのタマラットさん。     チェンマイのお堀沿い、西側のArak Roadというステープ通り(Suthe...
外観

コーヒーチェーンに押し寄せる煎りたて淹れたての第三の波 (Third Wave Coffee) (その3)「ブルーボトルコーヒー (Blue Bottle Coffee) 」

先日ご紹介した「リチュアルコーヒー」、「サイトグラスコーヒー」と並ぶ人気のコーヒーンョップ御三家の一つがここ「ブルーボトルコーヒー」。 第三の波と呼ばれている形態のコーヒー専門店。 第三の波の店舗の特徴は、原産国だけでなく、農園の詳細までこだわり、直接契約農園から豆を買い付け、煎りたて碾きたての豆で、一杯ごとに丁寧に淹れてくれること。     サンフランシスコ対岸のオーク...

チェンマイで人気沸騰中!自然に囲まれたランナースタイルレストラン「Sala Cafe(サーラーカフェ)」

ジャングルに迷い込んだかと思う道のり   場所はチェンマイ市内から約15kmほど離れた郊外。正直GPSがなかったら辿り着けなかったかなと思うほど。地図はあっても土地勘がないと、この道であってるのだろうかって不安になる道のりで、感覚的にはけっこう山奥に入った感じがするのだけど、自然が多いのでそう感じるが実際はそんな遠くない。   噂では、自然が多くてとても雰囲気の良い場所と聞いて...

多国籍ベジタリアンレストラン「ハービボア (Herbivore)」でヘルシーミールを楽しむ

ベジタリアンでなくても楽しめる   サンフランシスコのミッション地区とバークレーに2店舗のベジタリアンレストラン「ハービボア」。ハービボアは直訳すると草食動物。ジャンルにこだわらない料理で味にうるさいベジタリアンを満足させてくれるカフェ兼レストラン。     サンドイッチ、パスタ、ピザなどのほか、ピリ辛メキシコ風料理や、チャーハンまで 揃う多国籍メニュー...

チェンマイ人がオススメするノマドカフェレポート。連載6回目は「Un Deux Trois Coffee(アン・ドゥ・トロワ コーヒー)」

真っ赤なファサードが印象深いおしゃれカフェ   チェンマイ市内側からナワラット橋を渡り数十メートル先、左手に写真店コダックの隣、真っ赤なファサードが目印のカフェ「Un Deux Trois Coffee」がある。取材を申し込むと、ちょうどお店に居合わせた、このカフェのマネージャーで株主でもあるという「かおり」さん(日本とタイのハーフの方だそうです)に快く応じていただきました。   ...
店内

コーヒーチェーンに押し寄せる煎りたて淹れたての第三の波(その2)「サイトグラスコーヒー」

コーヒーチェーン第三の波 (Third Wave Coffee) 「サイトグラスコーヒー (Sightglass Coffee) 」   先日ご紹介した「リチュアルコーヒー」、後日ご紹介する予定の「ブルーボトルコーヒー」と並んで人気のコーヒーショップ御三家の一つがここ「サイトグラス」。       第三の波と呼ばれている形態のコーヒー専門...