店内

コーヒーチェーンに押し寄せる煎りたて淹れたての第三の波(その2)「サイトグラスコーヒー」

コーヒーチェーン第三の波 (Third Wave Coffee) 「サイトグラスコーヒー (Sightglass Coffee) 」   先日ご紹介した「リチュアルコーヒー」、後日ご紹介する予定の「ブルーボトルコーヒー」と並んで人気のコーヒーショップ御三家の一つがここ「サイトグラス」。       第三の波と呼ばれている形態のコーヒー専門...

チェンマイ人がオススメするノマドカフェレポート。連載5回目は「Inbox Cafe Bar(インボックスカフェバー)」

色とりどりのコンテナで構成されたカフェバー&ホテル   市内から少し離れたチェンマイ空港近くの41PARKにオシャレなカフェを発見。細長いコンテナを組み合わせ、ポップなカラーリングで独特の雰囲気。コンテナは外も中も塗装と造作で改造されており、敷地には緑も多く、ゆっくりとくつろげるソファー席もあり、読書やネットサーフィンにも快適。     テラスにも席があ...

チェンマイで本格ベーグルが楽しめる「Bagel House Cafe(ベーグルハウスカフェ)」

こんがりと香ばしい本格ベーグルを堪能   場所はチェンマイ市内のPhra pok klao Rd.(プラポクラオ通り)のソイ6の入り口角。チェンマイのお堀の内側は小道が入り組んでおり、非常にわかりづらいのですが、ここは通り沿いに面しており看板に大きく「Bagel House」と書いてあるので、比較的分かりやすい。     思い立ったが吉日と、眠い目をこす...

チェンマイ人のオススメするノマドカフェレポート・連載4回目は「Wake Up Cafe」

チェンマイ大学の学生に大人気。サブウェイと一緒に楽しめるお洒落カフェ   またしてもニマンヘンミン通りだが、ソイには入らずソイ10の入り口角に昨年頃できたカフェがチェンマイ大学の学生に人気という噂を聞きつけましたので、早速お邪魔してきました。     車で向かったのだが、ソイ10の奥に駐車場があり、Wake Up Cafe利用と伝えると、無料で2時間駐車...

チェンマイ人のオススメするノマドカフェレポート・連載3回目は「BARKAO COFFEE」

タイのノスタルジックな趣を感じさせるデジタルノマドカフェ 店名の「BARKAO」(バーカオ)とは古いとかレトロな、というようなタイ語である。その名の通り、店内は古き良きタイのアンティーク家具や、今では既に懐かしく感じるレトロなブラウン管テレビ、ブリキのおもちゃ、タイプライターなどが飾られ、自然に劣化したであろう壁や板塀の隙間などが時代の趣を感じさせてくれるステキなカフェである。   &...

チェンマイ人のオススメするノマドカフェレポート・連載2回目は「Happy hut」

ニマンヘミン通りで一息つけるノマドカフェ   以前に紹介した、ニマンヘミン通りのお洒落なブックストア「BOOK SMITH」のすぐ隣にあるノマドカフェ「Happy Hut」のご紹介。     土曜日の夕方にお邪魔した時には、お客さんは15人ほど。ソファー席が3つほどあり、外にも喫煙席が少し。中に入ると、落ち着いた雰囲気で普通の喫茶店ぽい。明る過ぎず、暗過...

チェンマイ人のオススメするノマドカフェレポート・連載1回目は「C.A.M.P. AIS」

タイの大手プロバイダーAISが運営するカフェ「C.A.M.P. AIS」   チェンマイの割と新しいショッピングセンター「MAYA」の5階にある、ノマド向けライブラリーカフェ「C.A.M.P. AIS」にきてみました。ここはタイの大手プロバイダーAISが運営するカフェ。入店し、写真を撮り始めたところ、店内での写真はご遠慮くださいと、店員さんに言われてしまったのですが、Webサイトで紹介したいのですが...
デジタルノマドの本場サンフランシスコ・こだわりのコーヒーが飲めるワークショップ・カフェ

デジタルノマドの本場サンフランシスコ・こだわりのコーヒーが飲めるワークショップ・カフェ

デジタルノマドの本場サンフランシスコ   常に新しいトレンドを作り出す街、サンフランシスコに新しいスタイルのネットカフェが誕生しています。ネットカフェと聞くと、オタクの溜まり場になっているような個室を中心とした日本のものとは異なり、オープンで明るく、しゃれたデザインの作りとなっています。   ダウンタウンの金融街の中心にあるワークショップ・カフェ (Workshop Café)...