セレブもお忍びでやってくるリッチモンド地区のデリ・カフェ「アンジェリーナ」

アンジェリーナ - Angelina   アウター・リッチモンド地区にある拙宅のすぐ近く、住宅街の一角にあるデリ兼カフェの「アンジェリーナ」。一見普通のお店だが、デリ(惣菜)やベーカリー類の評判が高く、いつも賑わっている。     惣菜コーナーには美味しそうな料理が並んでおり、量り売りで持ち帰りや、その場で楽しめる。またベーカリーバスケットには、多分市内...

チェンマイ、ステープ山の麓近く、自然に囲まれたトンネル寺院、ワット・ウモーン

一歩踏み入れると、その自然の多さに感動し、この珍しい洞窟寺院は静寂に包まれ、ひんやりと涼しく過ごせます。市内の喧噪からちょっと離れて、池の畔で鳩に餌をやったりと、のんびりするのにも最適です。   トンネル内部   チェンマイの市内から20分で到着する距離ですが、タイで良く見かける金ピカ寺院ではなく、厳かな雰囲気に包まれたお寺で、敷地内には池があり、鳩やナマ...

ナショナル・ギャラリー・シンガポールがついに堂々のオープン

シンガポールは既に、”Singapore National Museum”, “Singapore Art Museum”が存在するが、 National Galleryはシンガポールで最も大きな箱になる。総工費は532Mil SGD(現在レート:約460億円)という気気合の入った美術館である。     シンガポールは2000年に国際文化芸術都市とする政策を打ち出し、国内...

多くの映画の舞台となった「メルズ・ドライブイン (Mel’s Drive-in)」で古き良き50年代のアメリカにタイムスリップ

1947年サンフランシスコで創業された「メルズ・ドライブイン」。アメリカン・グラフィティーを始めとする多くの映画のロケ地として使用されてきた。現在サンフランシスコ市内に4店舗とロサンゼルスに3店舗を展開している。今日はマリーナ地区にある店舗に行ってみた。     店内は50年代のスタイルで統一されており、一般的なダイナー・コーヒーショップ系の料理(バーガーやサラダ、スープ...

サンフランシスコで一番の「ボブズ・ドーナッツ (Bob’s Donuts)」お店の見栄えはともかく、出来立てのドーナツが24時間楽しめるお店。

多くのメディアから最高評価   市内の中心、ポーク街にある「ボブズ・ドーナッツ」お世辞にもスタイリッシュなお店とは呼べない普通のドーナツ店に見えるが、多くのメディアから最高評価を得ているのがこのお店。     とにかくいつ行っても出来立てのドーナツがあり、また24時間営業・年中無休なので、深夜でも気軽に立ち寄ってドーナツやコーヒーが楽しめる。 &n...

伝統的なタイの漢方薬トリーパラがじわじわ人気を広めている

昔からあるタイの伝統的な漢方薬トリーパラ(ตรีผลา -Tirphala)だが、その存在はタイ国民にもほとんど知られていなかった。ここ最近のタイ国内におけるオーガニックブームや健康ブームにより、少しづつ認知度を高め、このノンケミカルの漢方薬「トリーパラ」にも注目が集まり始めている。   現在ではヨーロッパにも広まり、“Even if your mother leaves you, everyt...

チェンマイのカッドファランヴィレッジにある話題のランナスタイルスターバックスに潜入!

チェンマイのチルアウトライフスタイル   チェンマイ市内から少し離れたハンドン地区という場所にカッドファランヴィレッジ(KAD FARANG VILLAGE)というマーケットがある。 そこにスターバックスがオープンしたのだが、何が話題かというと、建物がランナ(北タイ)建築様式を取り入れていること。外装も内装にもランナ様式を取り入れており、建物のすぐ横には巨木もそびえ立ち、なかなか良い雰囲気。 ...

ブログに熱心な海老蔵さん、シンガポールで歌舞伎十八番の一つ「嫐」を上演

市川海老蔵氏、シンガポールで歌舞伎公演   今年で2回目となる市川海老蔵シンガポール公演。歌舞伎をもっと身近に感じて頂きたいと始めた「古典への誘い」が今度は世界へ発信していくため2014年11月シンガポールで初公演を行い大成功をおさめた。     そして、今年もマリーナベイサンズのシアターで「EBIZO ICHIKAWA XI’S JAPAN THEAT...

もうすぐ蟹漁が解禁。オススメはベトナム風。

グルメに人気の調理法はベトナム風   毎年11月にカリフォルニアの蟹漁が解禁になります。この地方で蟹といえばダンジネスクラブ (Dungeness Crab)。ワタリガニの一種で、この季節は身が詰まっています。市内のビーチでも浅い場所まで蟹がやってくるので、釣竿一本で簡単に引っ掛けて釣れることから、市内のビーチは太公望(釣りをする人、釣りが好きな人)でいっぱいになります。中にはカヤックでワナを仕掛け...

今年で15年目! 毎年10月の第1金土日は市内最大の公園「ゴールデンゲートパーク」で大規模フェス開催、しかも入場無料。その訳は?

毎年この週末にゴールデンゲートパークで開催されるHardly Strictly Bluegrass Festival。訳すると、「厳密なブルーグラスと全然そうではない音楽のフェス」といったところか。会場内には大規模なステージが5カ所と小さなステージが2カ所設定されており、来訪者数は3日間で75万人というスケールのどでかいフェス。       ロック、ブルー...

Men’s Journal誌の世界映画館トップ20で1位に輝く劇場をもつサンフランシスコのカストロ地区

ゲイ文化の中心カストロ街を散策。   サンフランシスコ中央にあるカストロ (Castro) 地区。ここには地元ゲイ関係者以外にも多くの観光客が訪れ、活気のある地区になっています。またこの地区のいたるところに、ゲイ文化のシンボルであるレインボーの旗やデザインが見られます。     カストロ街入口には1922年落成のカストロ劇場があり、Men’s J...

セルフサービスの「ポッズ (PODS)」コンテナで時間を気にせず割安な引越しと倉庫保管が人気

費用を抑え自分のペースで引っ越しをしたい人に人気のシステム   時折街で見かけるPODSと書かれた大きなコンテナ。住宅の前の駐車スペースにどんと置かれていることがあります。これはセルフサービスの引越し兼倉庫での荷物保管用のコンテナ。   引越し好きのアメリカ人のために、多くの引越し業者があり、日本と同様、客の要望次第で、梱包から開包までしてくれるフルサービスの業者から、梱包済み...
鈴木春信-お仙と菊之丞とお藤

浮世絵師・鈴木春信の美人画としてモデルデビュー!元祖看板娘は浅草寺境内の楊枝屋「柳屋のお藤さん」

江戸時代版・会いにいけるアイドル   浅草は現在も江戸の風情を残していて、ぶらぶら散策するのが楽しい町ですよね。当時は「浅草寺へお参りに行く」というのを口実に、浅草寺の参拝後にご飯を食べるのを楽しんだり、見世物小屋や大道芸を見たり、浅草名物の買い物や、吉原遊郭、歌舞伎を楽しんでいたようです。   浅草寺の境内裏手にあたる「奥山」と呼ばれる地域は、見世物小屋・大道芸など様々な興行...

本場ニューヨークの味が気軽に楽しめるバレンシア通りのピザ店「アリネール – Arinell」

アメリカでは外食産業の重要な地位を占めるピザ   ハンバーガーに並ぶカジュアルフードとして大人気のピザ。日本では宅配が中心ですが、アメリカでは外食産業の重要な地位を占めています。一言でピザといっても多種多様。薄い生地のニューヨークスタイル、厚い生地のシカゴスタイル、また豊富なトッピングで有名なカリフォルニアスタイル、お一人様サイズの本家イタリアスタイルなどなど。   &...

チェンマイ人のオススメするノマドカフェレポート・連載3回目は「BARKAO COFFEE」

タイのノスタルジックな趣を感じさせるデジタルノマドカフェ 店名の「BARKAO」(バーカオ)とは古いとかレトロな、というようなタイ語である。その名の通り、店内は古き良きタイのアンティーク家具や、今では既に懐かしく感じるレトロなブラウン管テレビ、ブリキのおもちゃ、タイプライターなどが飾られ、自然に劣化したであろう壁や板塀の隙間などが時代の趣を感じさせてくれるステキなカフェである。   &...
お店の外観

「アイスクリームバー (The Ice Cream Bar)」で古き良き30年代にタイムスリップ

映画の世界でしか知らない当時の雰囲気を体験   コールバレー地区の「アイスクリームバー」は30年代の雰囲気で統一されたアイスクリームとソーダのお店。店内にはアイスクリームカウンターとソーダーバーがあり、店員も当時のソーダショップで一般的だったユニフォームを着用。使われているグラスや食器もレトロなもので、タイムスリップした気分になれます。   お店の外観   ...

ヒッピー文化発祥の地ヘイトアッシュベリーでカルト的な人気のレコード店「アメーバ」を覗いてみた

体育館を思わせる広い店内   ヒッピー文化発祥の地サンフランシスコのヘイトアッシュベリー地区と学生紛争の始まったバークレー、そしてハリウッドの中心サンセット通りに一店舗、計3店舗の大型レコードショップ「アメーバ (Amoeba)」。体育館を思わせる広い店内には新品・中古のCDやDVD、またLP・SPレコードやポスターなどが所狭しとならび、あらゆるジャンルのニーズにも答えてくれます。  ...
サンデーストリーツ

サンデーストリーツは地域住民のふれあいと情報交換の場所

地域住民が普段車に占領されている道路を取り戻す   毎年3月から10月に月一のペースで開催される「サンデーストリーツ (Sunday Steeets)」一言で言えば歩行者(自転車)天国なのだが、日本のそれとは多少ニュアンスが異なる。日本の歩行者天国は、どちらかといえば商店街などが自治体と組んで主催する商業主義的なものや、神社のお祭りなどのような伝統的なものが主流。アメリカの多くの都市で開催されるスト...

Thrift Storeで宝探し。物を大切にするアメリカ人にとっては、なくてはならない存在

スリフト・ストアーへの寄付は税額控除にも使える   Thrift Store(スリフト・ストアー)とはリサイクルショップのこと。大抵のスリフト・ストアーは慈善団体が運営しており、家具、食器、家電、書籍等だけでなく、古着もたくさん置いてあるのが一般的です。自宅でこれらの不用物が出た場合、スリフト・ストアーに寄付すると一定の額で慈善寄付とみなされ、税額控除にも使えることから、普通捨てずにスリフト・ストア...

建国記念日のお祝いは盛大!シンガポール50周年記念「SG50」

クライマックスは、マリーナベイサンズ前での打ち上げ打ち上げ花火   シンガポールの建国50周年を記念して「SG50」のイベントが開催された。シンガポールがマレーシアから独立したのが1965年8月9日。愛国心が非常に強いシンガポールなので、毎年建国記念日のお祝いは盛大に行われるが、今年は生誕50周年ということで「SG50」があちこちに掲げられ、予行演習もかなり気合が入ったものになっていた。本番前の1か...

人気の日本のアンティーク家具や装飾品が豊富に揃うフィルモア街「蔵屋」は日本文化のショールーム

クールジャパンはアニメや和食だけではありません。   人気の日本のアンティーク家具や装飾品が豊富に揃うフィルモア街「蔵屋」は日本文化のショールーム。   明治大正時代に作られた多くのアンティーク日本家具(水屋、衣装箪笥、階段箪笥)などが豊富に揃う「蔵屋」。日本でも最近アンティークの良さが見直されていますが、海外では以前より大変人気があります。ここ「蔵屋」はニューヨークタイムズな...