チェンマイからチェンダオ方面へ北へ向かい、車で約1時間半ほどの場所に「ゲーン・パン・タオ」という川遊びできるスポットができたと聞いたので、このところどんどん気温が高くなり、暑くなってきているので、早速行ってみました。

 

この地域にはいくつか同じような川辺でゆっくりできる場所がいくつかあるようですが、今回はその中の1つ。ゆっくりとした流れの川で、深さは一番深いところでも2メートルはないと思います。子供も遊べるような膝下までの区域もあり、大自然の木々に囲まれた日陰で食事やお酒を楽しみながらゆっくりと過ごすことが出来ます。

 

 

川は周りの木々の色から緑色に染まり、川の中で浮き輪に寝そべって日光浴と森林浴が同時に楽しめます。大きな木に吊るされた古タイヤにつかまって飛び込みジャンプができたりと子供も楽しめます。お昼前からどっと人が増えたので、午前中の早い時間に行くのをオススメします。

 

 

焼き鳥や魚料理、ソムタムなど基本的な料理は揃っています。お酒は好みのものがない場合もあるので、持ち込んで氷とグラスと水やソーダだけ頼むのが良いでしょう。

 

駐車料金として1台20バーツがかかりますが、入場料等はなし。車で友人たちと大勢で行くのも楽しめるし、恋人と二人でゆっくり過ごすのにも良い場所だと思います。浮き輪の貸出しもあるので、水着だけ持って行けば良いと思います。

 

 

場所は、チェンマイ市内からはちょっと遠いですが、1日あれば日帰りで充分なので、興味のある方は訪れてみてはいかがでしょうか?

 

ゲーン・パン・タオ(Kaeng Pan Tao)
ロケーション : チェンダオ
営業時間 : 8AM – 5PM
駐車料金 : 20バーツ(車)、10バーツ(バイク)

 

アジアパシフィック・米国を中心とした海外商材開発が強みのライフスタイル商材専門ブティックファーム、マーサ・アンド・カンパニーへのお問い合わせはコチラからどうぞ!

コメントを残す