北タイ名物料理カオソイ

チェンマイと言えば、北タイの名物料理として有名なカオソイ(カレーラーメン)。発祥は中国雲南省だとか、いろいろな話しを聞きますが、チェンマイでももちろんローカルフードとして日常の食生活にかかせない料理として親しまれており、旅行雑誌やレビューサイトなどでも有名なカオソイ店などが良く乗っているのですが、今回、筆者が紹介するカオソイ店はチェンマイのローカルタイ人に教えてもらった市内から少しだけ離れた場所にある小さなお店。(2018年5月、現在は店舗を改装し、外観は変わっています。)

 

 

とろとろのお肉に濃厚スープ

チェンマイ – ランプーン通り沿いからノンホイ市場のソイを入って最初の交差点をさらに左へ入ったところにあるカオソイ店「ジャイケーオ」。

 

別に有名なお店というではないのだが、このエリアに住んでいるタイ人の間では名前が知れているお店のようです。ここのカオソイは肉がとろけるように柔らかく、スープも濃厚で程よい辛さと、とにかくお勧めのお店。

 

カオソイと言えば鶏肉が定番ですが、ここは鶏肉の他にも豚肉、牛肉もそろっており、筆者のお勧めは豚肉(カオソイムー)。

 

カオソイムー(豚肉)

カオソイヌア(牛肉)

 

おそらく長時間煮込んでいるだろう肉類はちょうど良い柔らかさ。大きめにカットされた豚肉だが、口の中で簡単にほぐれる柔らかさは病み付きになるおいしさ。筆者も月に何度か必ず食べに来ています。

 

 

カオソイ以外のメニューも豊富にあるので、今度は他のメニューも試してみようと思います。

 

ジャイケーオFacebookページ

 

アジアパシフィック・米国を中心とした海外商材開発が強みのライフスタイル商材専門ブティックファーム、マーサ・アンド・カンパニーへのお問い合わせはコチラからどうぞ!

コメントを残す