シンガポールから飛行機で5時間ほどで上海へ到着。週末旅行には少し遠い距離ですが、週末弾丸グルメツアーのご紹介。

 

まずは、地元の友達推薦のTangs Cuisineという飲茶からスタート。オープンと共に10時に到着、1時間後には地元の人でいっぱいに。エビシュウマイ、小籠包、葱餅、などなど、本場中国の飲茶を堪能しました。特に、ここのお勧めは、ロブスター粥とお茶。写真では見えないのですが、このお粥の中にはロブスターがゴロゴロ入っています。お茶はセレクションも豊富な上に、何といっても入れ方がユニーク。ポットが2つ用意されて、専門のサービス員が丁寧に作ってくれます。また、お茶を飲みにだけにでももう一度行きたいお店です。

 

 

お次は東京でも有名な南翔饅頭店の上海本店。ガイドブックには書いてない裏技をご紹介。お店は3つに分かれています。1階の大行列のテイクアウトコーナー、2階にはレストランが二つ。何が違うのか説明を読んでみると、「高級」と「中級」のエリアにわかれており、中級の方は30分待ち、高級は待ち時間なしで入れました。全く同じものが出てくるのに高級の方が価格は高いですが、限られた時間の中での訪問には高級エリアがおすすめ。ここでのポイントは小籠包と蟹みそ入り湯包。

 

 

最後はBundエリアで締めくくり。この日はアメリカの建国記念日ということもあって、3on the bundという建物では、ルーフトップパーティーが行われていました。カリフォルニアのワインにバーベキュー、オイスターのブースが並びアメリカのパーティーを思い出しました。ワインは、そのワインの専門家が各ブースで説明をしてくれて、テイスティングもできる仕組み。テイスティングといってかなりワインを継いでくれるので終わったころにはほろ酔い状態。最後にダメ押しのもう一軒、Bar Rounge。こちらはライティングもおしゃれな感じ。素敵な上海ナイトを過ごせました。乾杯!

 

 

http://www.threeonthebund.com/

www.bar-rouge-shanghai.com

 

後半の続きはこちらから!

番外編・中国上海へ週末弾丸グルメツアーを敢行(後半)

 

アジアパシフィック・米国を中心とした海外商材開発が強みのライフスタイル商材専門ブティックファーム、マーサ・アンド・カンパニーへのお問い合わせはコチラからどうぞ!

コメントを残す