タイ料理と茶葉を利用したオリジナル料理は以外にも合う?

 

以前にご紹介したCHOUI FONG TEA(チュイホンティー)というチェンライにある茶畑ですが、実際に行ってきましたのでレポートしてみたいと思います。

 

 

広大な土地に、掲げられた看板の周りに広がる広大な茶畑を眺めながらお茶をいただく贅沢なシチュエーション。茶畑は観光客向けに解放されているので入場は無料。王室御用達のお茶を楽しめる施設内のティーショップでお茶とお茶を使った料理をいくつかいただいたのでご紹介しよう。

 

 

まずは、抹茶ミルク。タイ人の観光客には一番の人気だそうだ。やはり、甘みの無い普通のお茶はまだまだタイ人には浸透できないのだろうか。そして緑茶と大豆チップス。タイではお馴染みの揚げもの系チップスだが、緑茶との組み合わせは相性が良い。さっぱりとした風合いで苦みは少なく、香りも良く飲みやすい緑茶もやはりおススメです。

 

 

カームー(豚足)の茶葉入り。カームーはタイの一般的な大衆料理で、脂身が多くこってりしているので、好き嫌いは分かれるところかもしれませんが、この茶葉入りはさっぱりとしていて、とても食べやすい。茶葉の風味が程よく香り、これもおススメ。次の写真はタイ風ツナサラダに茶葉を入れたもの。辛過ぎず(個人差はあると思いますが。。)茶葉の風味がほんのり香る程度ですが、以外にもスパイシーサラダとも相性は良いようです。

 

 

こちらはあんかけ手羽先に茶葉揚げが添えてあり、茶葉の風味と良く合います。今回同席した全員のおススメ料理です。次の写真は揚げた茶葉にサラダソースを付けて食べます。シンプルな揚げ茶葉もおいしく、サラダソースをかけてもおいしかったです。同席したタイ人はこの料理が一番のおススメのようです。

 

 

最後は抹茶の蒸しパン。甘過ぎず、さっぱりとしていて抹茶の風味もおいしさを引き立てます。以上、駆け足でご紹介しましたが、チェンライに行く機会があれば、一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

CHOUI FONG TEA Co., LTD.

 

アジアパシフィック・米国を中心とした海外商材開発が強みのライフスタイル商材専門ブティックファーム、マーサ・アンド・カンパニーへのお問い合わせはコチラからどうぞ!

コメントを残す