タイで流行りだしたクリーンイーティング

 

最近、タイ人の友人がシェアしているいろんな料理の記事が私のFacebookのフィードによく出てきます。どうやらクリーンイーティングにまつわる記事のようで、スタッフに詳しく聞いてみると最近タイでも若者を中心に流行りはじめているとのこと。

 

アメリカ発祥のクリーンイーティングとは、ダイエットなどの短期的なものではなく、ライフスタイルに根差すもの。素材をなるべく自然のまま活かした食材をシンプルに食することで食の質を上げ、生活の質を向上させるとういうコンセプトである。加工食品や精製品、ケミカルな成分が入っているものは避け、新鮮な野菜を多く摂取し、良質な肉、油を選ぶなど、出来る限り安全な食材を安全に摂取することを心がけること。クリーンイーティングで検索すると詳しい記事がたくさんあるので、ここではこれ以上の詳細は省略するが、タイにおいては健康的な食生活の意味合いより、ダイエット食として若者、特に女性に人気が出ているようだ。

 

話をタイに戻すと、まずバンコクではクリーンイーティングをコンセプトにしたデリバリーサービスがいくつかあるとのこと。サラブリー県やパトゥンタニー県などから輸送されてくる無農薬野菜をふんだんに使った料理を定期購入形式で契約し、毎日1回2~3食分を届けるのが基本的なサービス内容になり、お値段もそこそこ。1週間分で2,000バーツ程度とのこと。

レストラン&デリバリー店のFacebookページを以下にいくつか紹介しておくので、興味のある方はのぞいて見てください。

 

クリーンイーティングレストランはこちら。(全てタイ語)

 

バンコクのレストラン บ้านเลขที่ 5  Organic food & product

バンコクのレストラン Home Fresh Hydrofarm

チェンマイのレストラン Salad Terrace Suandok Park(メニューに一部取り扱いあり)

 

クリーンイーティングデリバリーサービスはこちら。(全てタイ語)

 

バンコクのデリバリーサービス TipTop คลีนฟู้ด Delivery

バンコクのデリバリーサービス HealthyCleanEating By KaowhomPinto

チェンマイのデリバリーサービス คลีนฟู้ด Delivery เชียงใหม่

 

今回は、このようなサービスがバンコク、チェンマイ以外の県にも存在するか確認出来なかったが、今後、増えていく可能性はあるだろう。全国規模で増えていくと感じる理由に、タイ国内の掲示板サイトなどで様々なレシピが活発に公開され、レシピのシェア、実際に調理したレビュー&シェアにより活発に拡散されているのが特に目立つことが挙げられる。タイの人口密度や流通インフラを考えるとバンコク以外でのデリバリーサービスは難しいと思うが、クリーンイーティングをコンセプトにしたオーガニック系レストラン等は今後増えていくのではないだろうか。

 

タイ風アレンジのクリーンフードはやはり、洋食などに比べると味付けは濃いめになるそうだが、タイ風レシピはどんどん増えているようだ。そこそこ値段の高いデリバリーサービスは使わずに、レシピサイトを参考に自分でも簡単に作れることも人気が出ている要因ではないだろうか。

 

最後に、タイ風にアレンジされたレシピが公開されていたので紹介しておきます。

クリーンイーティング タイ風レシピ(全てタイ語)

EAT CLEAN AND WORKOUT

 

1522749_665273493602186_1408366131985927886_o

 

10365626_607413742721495_6414504787568205137_o

 

10835301_605895159540020_3970580301086300937_o

https://www.facebook.com/cleanandworkout

 

次回は、実感している方も多いと思いますが、タイにおける空前の日本ブームについて。

「2015年のタイ。空前の日本ブームについて考えてみた」

 

アジアパシフィック・米国を中心とした海外商材開発が強みのライフスタイル商材専門ブティックファーム、マーサ・アンド・カンパニーへのお問い合わせはコチラからどうぞ!

コメントを残す