グルメに人気の調理法はベトナム風

 

毎年11月にカリフォルニアの蟹漁が解禁になります。この地方で蟹といえばダンジネスクラブ (Dungeness Crab)。ワタリガニの一種で、この季節は身が詰まっています。市内のビーチでも浅い場所まで蟹がやってくるので、釣竿一本で簡単に引っ掛けて釣れることから、市内のビーチは太公望(釣りをする人、釣りが好きな人)でいっぱいになります。中にはカヤックでワナを仕掛ける人も珍しくありません。

 

 

フィッシャーマンズワーフや市内のシーフードレストランで、一般的に出されるのは塩茹でしたもの。溶かしたバターかマヨネーズで食べるのが一般的ですが、グルメに人気の調理法はベトナム風。茹でるのではなく、オーブンでローストするのですが、ローストする際に独特の味付けをします。市内有名店を2店ご紹介します。

 

Crustacean-Roast-garlic-sauce-crab

クルスタセアンのガーリックソース風

 

 

まずは市内中央部ポーク街のクルスタセアン (Crustacean)。こちらのオススメメニューはガーリックソース風。ガーリックが苦手な方には酒蒸しもあります。こちらのお店はベバリーヒルズにもあり、南加でも同じ味が楽しめます。

 

PPQダンジネスアイランド のペッパー風味のローストクラブ

PPQダンジネスアイランド のペッパー風味のローストクラブ

 

もう1店は市内西部リッチモンド地区のPPQダンジネスアイランド (PPQ Dungeness Island)。こちらのオススメはペッパー風味のローストクラブ(写真)胡椒と塩味が効いて絶妙。その他にもカレー風味やピリ辛風味のものもあります。

 

スーパーでも水槽の生きたもの・茹でたもの、どちらも手軽に買えるので、自宅で楽しむのも地元ならではのメリットかもしれません。

 

http://www.ppqcrab.com/About_Us.html

 

http://houseofan.com/wp/

 

アジアパシフィック・米国を中心とした海外商材開発が強みのライフスタイル商材専門ブティックファーム、マーサ・アンド・カンパニーへのお問い合わせはコチラからどうぞ!

コメントを残す