罪の意識を感じることなく、おいしく頂戴いたしました

 

一般的にアメリカではアイスクリームなどの高脂質・高カロリーのスイーツを「ギルティーフード(罪悪感を伴う食べ物)」と呼び、健康志向の人やダイエットの人は、我慢できず食べてしまう場合、罪の意識を感じてしまうのだそうです。

 

フロヨことフローズンヨーグルトは、日本ではまだ一部のお店で出されているだけですが、無脂肪乳を使っているために比較的ヘルシーなスイーツと考えられています。

 

 

アメリカ国内にはセレブ御用達と長蛇の列で有名になったピンクベリーなどの有名なチェーンがありますが、サンフランシスコ地区で店舗数の多いのはこのヨッピ。このチェーン、米西海岸に14店舗、その他には香港、深圳、バンコックに出店しています。

 

このお店の特徴は量り売りのセルフ形式だということ。ソフトクリームのサーバーに似た機械が店内に並んでおり、6種類のフレーバーから好きなものをカップに入れて、その後お好みのトッピングを乗せれば出来上がり。トッピングはフルーツ系(新鮮なイチゴやイチジクなど季節のフルーツやベリー類が中心)とクッキチップやチョコレート系のドライトッピングとに分かれています。

 

 

自分だけのカップができれば、レジで計量してもらい会計となります。アイスほどカロリーも高くないので、毎朝朝食代わりに食べている人も多いとか。罪の意識を感じることなく、おいしく頂戴いたしました。

 

http://www.yoppiyogurtusa.com/about.html

 

アジアパシフィック・米国を中心とした海外商材開発が強みのライフスタイル商材専門ブティックファーム、マーサ・アンド・カンパニーへのお問い合わせはコチラからどうぞ!

コメントを残す