チェンマイで、ちょっと有名なサパン・レック(小さな鉄橋)という小さい割に立派な鉄骨組みの一方通行の橋があります。一方通行の橋を渡りきったら、右折してすぐ左側にリンピンスーパーがあるのですが、右側にはアット・クアレック(At ขัวเหล็ก)というレストランがあります。

 

黄色の建物なので、すぐに分かると思います。割と新しくできたお店で外国人客もちらほら。店内はエアコンが効いていて快適ですが、個人的にオススメなのは外のテラス席。夜はライトアップされたサパン・レックを眺めながら食事ができます。食事はタイ料理からスパゲティーなど洋食もあるので、タイ料理が苦手な方でも大丈夫。

 

今回はタイ風ツナサラダ、トマトソーススパゲティー、チキンカツのレモンクリームソースがけに豚肉のパッポンカリーとカオパットベーコンにマンゴースムージー。どれも100バーツ以下なので、気軽に頼めます。味付けはタイ人向けかなと思いましたが、値段を考えれば充分満足。

 

テラス席からの眺め

テラス席からの眺め

 

お酒類もあるので、サパン・レック(鉄橋)がライトアップされるディナータイムにテラス席でビール片手に友人たちと集まるのも◎。テラス席は外観からは想像出来ませんでしたが、以外と広いので、大勢で集まっても大丈夫。

 

アジアパシフィック・米国を中心とした海外商材開発が強みのライフスタイル商材専門ブティックファーム、マーサ・アンド・カンパニーへのお問い合わせはコチラからどうぞ!

コメントを残す