店舗内には作り置きのアイスや冷凍庫はない 

 

マイナス200度の液体窒素による急速冷凍のみで可能となるスムーズで濃厚なアイスクリームをその場で作り、冷凍保存せず、出来立てのアイスクリームを提供してくれるのが「スミッテン (Smitten)」。かねてより噂を聞いてはいたが、最近フィルモア街に新しい店舗ができたので、早速行ってみることにした。

 

 

このチェーンのオーナーの女性はスタンフォード大でMBA(経営学修士)の学位を得た後、液体窒素を用いた急速冷凍による出来立てのアイスクリームを作る機械を数年かけて開発。その後サンフランシスコ地区で5店舗を有するまでに急成長。

 

超低温度の液体窒素を用いることで、粒子の細かいアイスができるほか、その場で注文に応じてフレーバーを決めて出来立てのアイスが楽しめる。待ち時間は5分ほど。したがって店舗内には作り置きのアイスや冷凍庫はない。用いる素材は添加物を含まない自然で地元産のオーガニックミルク、フルーツや野菜(かぼちゃやコーン)に限定。従って季節ごとにそのフレーバーも変わります。

 

 

試しにミントチップアイスを食べてみたが、生のミントの味がしっかりとしており、これまでにないフレッシュな味わいと舌触りの良いアイスが楽しめた。多くのメディアで紹介され、その新しいアイスクリームのトレンドが全米から注目を浴びています。

 

以下市内店舗のみ

パシフィックハイツ店

2404 California Street
San Francisco, CA 94115

 

ヘイズバレー店

432 Octavia St. #1A (at Linden St.)
San Francisco, CA 94102

http://smittenicecream.com/

 

アジアパシフィック・米国を中心とした海外商材開発が強みのライフスタイル商材専門ブティックファーム、マーサ・アンド・カンパニーへのお問い合わせはコチラからどうぞ!

コメントを残す