市内屈指の観光スポットのフィッシャーマンズワーフには、観光客向けのお店が溢れているが、その中心部である界隈(Taylor StとJackson Stのあたり)には昔ながらの露店と老舗レストランが営業を続けている。

 

 

特にここの露店では割安で美味しいシーフードを堪能することが出来、その場で茹でたロブスターや地元特産のダンジェネスクラブ(渡り蟹の一種)を丸ごと買ったり、サラダやサンドに調理したものをその場で楽しむことができる。

 

 

また賑やかな露店の反対側にはこの辺りでもっとも歴史のあるレストランがいくつかあり、今日はこのその中でも人気・評価の高いレストラン「ニックズ・ライトハウス (Nick’s Lighthouse)」をご紹介する。

 

 

創業1934年の店内はレトロな雰囲気が漂い、落ち着いた雰囲気で定番のシーフード料理を楽しむことができる。人気のメニューはイカの唐揚げ、クラムチャウダー、フィッシュアンドチップスの他、名物鍋料理のチョーッピーノ(盛りだくさんのシーフードが入ったイタリア風スープ鍋)などだが、茹でたてのカニをそのままバターディップに漬けて味わうのもオススメ。

観光地ながら、良質のシーフードを良心的な価格で楽しむことができるスポットのご紹介でした。

 

Nick’s Lighthouse
#5 Fisherman’s Wharf (2815 Taylor Street @ Jefferson),
San Francisco, CA 94133

http://www.nickslighthouse.com/index.php

 

アジアパシフィック・米国を中心とした海外商材開発が強みのライフスタイル商材専門ブティックファーム、マーサ・アンド・カンパニーへのお問い合わせはコチラからどうぞ!

コメントを残す