牡蠣の産地で牡蠣三昧ピクニックはいかが?

 

海産物の豊富な北カリフォルニア。サンフランシスコ市内でも美味しくて新鮮な魚介類を楽しむことができますが、牡蠣の産地までドライブし、獲れたての牡蠣をその場で堪能するのも悪くありません。

 

市内から車で約1時間とすこし北にあるマーシャル(Marshall)は牡蠣の産地として有名で、持ち帰りやその場で楽しむことができます。その一つ「ホッグアイランド・オイスターファーム(Hog Island Oyster Farm)」では、カウンターとピクニックテーブルが用意されており、テーブル横には炭火のグリルが備えられているので、生だけでなく焼いて楽しむこともできます。

 

 

メニューには牡蠣だけでなく、地元の職人が作ったチーズや地ビール、ワインもあり、牡蠣が苦手な家族や友人と一緒でも楽しめるようになっています。

 

ここで出される牡蠣は4種類。小ぶりのものが中心で、地元原産のパシフィック種や、東海岸原産のアトランティック、熊本原産のものなど。牡蠣以外にもアサリやムール貝も楽します。

 

「わざわざドライブしてまで」という方には、サンフランシスコ市内のフェリービルにファーム直営のオイスターバー・レストランもあり、毎日直送されている牡蠣や貝類を楽しむことも可能です。

 

https://hogislandoysters.com

 

アジアパシフィック・米国を中心とした海外商材開発が強みのライフスタイル商材専門ブティックファーム、マーサ・アンド・カンパニーへのお問い合わせはコチラからどうぞ!

コメントを残す