前回、チェンマイのショッピングモール「プロムナーダ」に行った際につけ麺を食べた後、コーヒーでも飲んで一息つこうとぶらぶら。施設内には無数のコーヒーショップがあったのだが、チェンマイでは有名なWawee Coffeeの店舗の外観がステキだったので、Wawee Coffeeへ寄ることに。

 

 

Wawee Coffee(ワーウィーコーヒー)は2002年頃にチェンライのクライシットフースワン氏によって設立されたコーヒーブランド。チェンライ産のコーヒー豆を使って始めたコーヒービジネスで、最初に作った店舗はメーサーエレファントキャンプ内に出店。地元ガイドの協力や口コミによって序所に知名度があがり、2店舗目にはチェンマイの目抜き通りのニマンヘンミン通りに出店。現在ではフランチャイズ展開をし、28店舗まで拡大。ソーシャルレスポンシビリティ(企業の社会的責任)としてNorthern coffee fundという名の下、北部の山間民族から全ての商品を仕入れている。

 

さて、今回目に止まったのはお店の外観。かなり複雑な造作ディスプレイで小さな店舗ながら、ステキな存在感を放っていた。プロムナーダ内にはかなり手の込んだ造作をしているお店が多いが、それでも、筆者の目を引いたのはWawee Coffeeだった。

 

 

ラーメンの食後で汗っかき状態だったので、アイスワーウィーコーヒー(75バーツ)を注文。店内の内装を眺めながら、食後の小休憩にぴったりの一杯でした。

 

ステキな外観

ステキな外観

 

チェンマイでWawee Coffeeを見かけたら、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
Wawee Coffee

http://www.waweecoffee.com/

アジアパシフィック・米国を中心とした海外商材開発が強みのライフスタイル商材専門ブティックファーム、マーサ・アンド・カンパニーへのお問い合わせはコチラからどうぞ!

コメントを残す