フィルモア街昨今

 

1970年代後半に留学でサンフランシスコ郊外の大学に通っていた頃、市内中央部に位置するジャパンタウン(日本人街)のレストランに頻繁に通っていました。そのすぐ近くにあるフィルモア街には、安くておいしい行きつけのお寿司屋さんがあり、当時よく顔を出していました。その頃は夜歩くのがすこし怖いさびしい界隈だったのですが、あれから40年。市内で最も様変わりした地区の一つになり、多くのファッション関連ブティックやしゃれたレストラン、ブランドショップが並ぶ地区に様変わりしました。

 

プラダやシャネルなどの伝統ある高級ブティックはダウンタウンのユニオンスクエアー界隈に集中していますが、ここフィルモア街は比較的新しく若いブランドのお店が多く並んでいます。地元の関係者の方のお話によると、大手のチェーンはお断りしており、これからが楽しみな若くて元気なブランドの店舗を積極的に誘致しているのだそうです。

 

 

またこの通りには有名な古着屋が何件かあり、状態の良いブランド物を大変安く買うことができ、多くの観光客も押し寄せています。すこし残念なのは昔からの(普通の)お店がどんどん消えて、新しいものに変わっていくこと。されとて、これからもこの界隈はどんどん進化していきそうです。

 

アジアパシフィック・米国を中心とした海外商材開発が強みのライフスタイル商材専門ブティックファーム、マーサ・アンド・カンパニーへのお問い合わせはコチラからどうぞ!

コメントを残す