ウォーリーズ・カフェ – Wally’s Cafe

 

先日全米最大級のレストラン口コミサイト「イェルプ」が今年度の 全米トップ100食事処を発表。サンフランシスコ地区では堂々10箇所が選ばれています。高級店だけでなく、価格との相対評価で高い点数がついた場所が選ばれているので、屋台や庶民的なカフェ等も含まれています。今回第77位に選ばれたのがレバノン料理店のこのお店。

 

 

サンフランシスコ対岸、大学の街バークレーの隣町にある「ウォーリーズ・カフェ」。バーの裏側にあり目立たない入り口。馬蹄形のカウンターのみのお店だが、お昼時は行列ができる様子。

 

着席するとすぐにお通しのレンズ豆のスープが出され、それを楽しみながらメニューに目を通す。日本ではあまり馴染みのないレバノン料理だが、レタスをたっぷりと盛り付けたお皿にお肉のグリルや揚げ物が乗り、最近人気のハマスと呼ばれるひよこ豆のペーストが添えられている。今日注文したのはレバノン風コロッケがメインのディッシュ。サクサクのコロッケも美味だが、薄焼きのパンにハマスを乗せて食べるのも行ける。食後には蜂蜜をたっぷり使ったレバノン風のスウィーツが付いてくる。10ドルと少しでスープ、メイン、デザートのフルコースランチが楽しめた。

 

 

 

これからもトップ100に選ばれた処を徐々に紹介していきますのでご期待ください。

 

(イェルプ全米トップ100サイト)

http://officialblog.yelp.com/2016/02/yelps-top-100-places-to-eat-in-the-us-for-2016.html

 

(イェルプのウォーリーズ・カフェのページ)

http://www.yelp.com/biz/wallys-cafe-emeryville

 

アジアパシフィック・米国を中心とした海外商材開発が強みのライフスタイル商材専門ブティックファーム、マーサ・アンド・カンパニーへのお問い合わせはコチラからどうぞ!

コメントを残す