「LIFE IS TOO SHORT NOT TO BE DREAMING」(人生短いのだから夢をみよう)

 

というコンセプトでオープンしたレストランがDIBS。写真のJONATHAN WEE, LAWRENCE LIM, ROY SOONという3人で立ち上げたレストラン。

 

 

世界はめまぐるしい速度で変化しており、それに伴いトレンドも変化していく。その中で、その日に最も新鮮な食材を、シェフが自らマーケットで選んでくる為、既存のメニューは作らないという、こだわりのレストラン。

 

シェフAddis, Rueben, Dylanの3人が、夢にも見なかったメニューを作るのがポイント。

 

 

さて、実際にお店に入ってみると、コンクリート打ちっぱなしのモダンな店内。そして、メニューはトランプのようなカードに手書きで書かれていた。3コースで58ドルというのもリーズナブルな値段設定。それぞれ4種類ある中から、何にしようか迷ってしまう。

 

 

私は、ムール貝、本日の鮮魚、本日のサプライズデザートに決定。実際の料理も、デコレーションが非常に凝っていておいしい。

 

 

プライベートパーティーも受付けているとのこと。夢を見たくなったら是非DIBSへ。

 

アジアパシフィック・米国を中心とした海外商材開発が強みのライフスタイル商材専門ブティックファーム、マーサ・アンド・カンパニーへのお問い合わせはコチラからどうぞ!

コメントを残す