シンガポールでは、中華料理といっても一種類ではなく、様々な地方の料理が食べられます。今回は西安料理にトライ。

 

西安は歴史的な建造物が残る古都で、日本で言うと京都といった雰囲気でしょうか。料理には刀削麺・羊肉泡莫(ヤンルーポーモー)・肉まんなど、小麦粉を主食としたモノが多く、蒸す・茹でる・揚げる・焼くなど種類も豊富です。

 

 

料理は唐辛子はじめ、西安山椒、孜然(ズーラン)など豊富な香辛料をたっぷり使われています。餃子も有名な西安料理の一つです。

 

 

ChinatownにあるJufulouというお店に行きましたが、お店の方は中国語のみ話すので、英語だけだと少し厳しいです。お店の名物である涼麺、牛肉の炒め物、湯葉の野菜炒めなどをオーダー。お味は、中華料理にしては非常にあっさりしていて、日本人に好まれる味かなと思います。日本にも刀削麺など西安料理のお店はたくさんあるようなので是非お試しください。

 

 

アジアパシフィック・米国を中心とした海外商材開発が強みのライフスタイル商材専門ブティックファーム、マーサ・アンド・カンパニーへのお問い合わせはコチラからどうぞ!

コメントを残す