ナショナル・ギャラリー・シンガポールがついに堂々のオープン

シンガポールは既に、”Singapore National Museum”, “Singapore Art Museum”が存在するが、 National Galleryはシンガポールで最も大きな箱になる。総工費は532Mil SGD(現在レート:約460億円)という気気合の入った美術館である。     シンガポールは2000年に国際文化芸術都市とする政策を打ち出し、国内...

シンガポールのモダンアートの宝箱:ナショナル・デザイン・センター

シンガポールのナショナル・デザインセンターでは、期間限定の展示会が行われることがおおい。モダンアートやテーマ性のある展示会が多い。     そして併設されているショップもおしゃれ。他のショッピングセンターでは見ない一点物が手に入るのがここ。スケジュール帳からアクセサリー、石鹸等も売っている。     “KATMAN”(きっと猫...

番外編・上海ARTO21インターナショナルなアートフェスティバル

上海アートフェスティバル   上海ARTO21という、コンテンポラリーアートのフェスティバル。アートに疎い筆者だが、友人からチケットをもらったので行ってみた。VIPチケットで、混雑前のオープニングセレモニーに潜入することができた。     昨今中国の景気については、色々と議論が出ているが、アート業界は大きな打撃は受けていないとのこと。毎年恒例の行事だが、...

チェンマイ人がオススメするノマドカフェレポート。連載6回目は「Un Deux Trois Coffee(アン・ドゥ・トロワ コーヒー)」

真っ赤なファサードが印象深いおしゃれカフェ   チェンマイ市内側からナワラット橋を渡り数十メートル先、左手に写真店コダックの隣、真っ赤なファサードが目印のカフェ「Un Deux Trois Coffee」がある。取材を申し込むと、ちょうどお店に居合わせた、このカフェのマネージャーで株主でもあるという「かおり」さん(日本とタイのハーフの方だそうです)に快く応じていただきました。   ...

コンセプトが新しいカフェ!お絵描き+お茶=Arteastiq

新しいコンセプト。お絵描きが楽しめるカフェArteastiq   お絵描きとお茶が一緒にできる欲張りなお店Arteastiq。マンダリンギャラリーという高級ショッピングモールの4F にオープンし、満を持しての2店舗目オープン。     好きな絵を描く事が出来るのですが、題材を伝えるとスタッフの方がネットで見本になる絵をプリントアウトしてくれるので小学生で...

初のアジア巡回展『Beauty born, not made: Sori Yanagi』

初のアジア巡回展『Beauty born, not made: Sori Yanagi』   柳宗理の生誕100周年となる2015年、初のアジア巡回展『Beauty born, not made: Sori Yanagi』 が開催されていました。シンガポール、香港、台湾の3か所でリレー形式で開催。これまで柳宗理が手がけてきた作品の展示とともに『柳宗理エッセイ』を英語版と中国版にて出版されるとのこと。...