社員食堂、学生食堂事情

 

日本でもタニタの社員食堂などが注目を浴びていますが、ハイテク企業の多いサンフランシスコやシリコンバレーでは、多くの企業が優秀な人材の確保のため、高額の給与だけでなく、色々な福利厚生を充実させています。その一つである社員食堂も多くの企業で無償提供されているケースが多く、また昼食のみならず、朝食、夜食、スナック、ドリンクなどが充実しています。

 

先日訪問する機会のあったサンフランシスコダウンタウンにあるプロフェッショナルネートワーク大手の「リンクドイン(Linked In)」本社内の食堂兼カフェでは、ずらりと各種飲料やジュースがならび、昼食時にはサラダやサンドイッチなどが食べ放題になっていました。また朝食用のシリアルやパン、ドーナツなどもたくさん並んでいます。日中は簡単な打ち合わせができるようにもなっており、壁にはパソコンでワイヤレス接続できる大型のスクリーンも並んでいました。

 

ソフト大手の「アドビー(Adobe)」サンフランシスコ本社ビルの社員食堂では、毎週地元有名レストランのシェフを呼んで、特別なランチを出したりもしています。

 

america_06a

私立高校の朝食

 

 

今やハイテク企業だけじゃない、充実した食堂サービス

 

このような食堂の充実はハイテク企業だけではありません。自分の子供たちが通っていた市内の私立高校では、昼食だけでなく、無料の朝食サービスがあり、ベーグルやトースト用のパンがならび、始業前に簡単な朝食を取ることができるようになっています。朝食をしっかり取らないと、学業にも差し障るとの考えからスタートしたそうです。

 

最近日本の一部の大学の学生食堂でも廉価な朝食を提供するところが出てきているそうですが、これからもそのようなケースが増えそうですね。

 

アジアパシフィック・米国を中心とした海外商材開発が強みのライフスタイル商材専門ブティックファーム、マーサ・アンド・カンパニーへのお問い合わせはコチラからどうぞ!

コメントを残す